お知らせ スタッフ、生徒の声 ブログ 不登校 不登校塾 不登校対応 不登校相談東京  中3進路未決定 引きこもり 引きこもり相談 未分類 高卒支援会コラム

やっと、会えた K 君

杉浦孝宣は一般社団法人 不登校引きこもり予防協会としても活動しております。
杉浦への講演依頼・不登校相談も承っております。


不登校(国立、都立、私立、小中高一貫校)・高校中退・引きこもり小中高生でお悩みの方、
NPO法人高卒支援会 会長の杉浦孝宣です。
不登校塾・フリースクール(出席扱い)・通信制高校サポート校@東京都新宿エルタワー、水道橋、池袋、神奈川県横浜市などで教室展開中

※教室はLEC東京リーガルマインドさまから 無償教室提供されています※

PTA 池田会長 高卒支援会便り https://note.com/air747

元中高一貫校不登校 引きこもりの高校生インターン 講演会のブログはこちら

世界で、日本の引きこもり100万人超は異常(8050問題)です。これほど、多い国はないです。更に精神病床数はダントツで世界の⅕!抜本的に不登校・高校中退・引きこもり等の支援を世界基準で一緒に考え直しましょう!コロナ禍で,不規則な生活から不登校・引きこもりに陥っていることが顕在化されていません、手遅れになる前に相談を

当会は30年以上の不登校塾・フリースクール・通信制高校サポート校 等 出席率80%以上(2019年10月から)@東京都水道橋・新宿エルタワーで 3つのステップ ①規則正しい生活>②自信をつける自律>③社会に貢献できる で不登校・高校中退・引きこもりは克服できます! 引きこもり成功率 2017年5月から2020年9月 31件中90%
”子ども達が規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”の教育ミッションを全国に広め、不登校・高校中退・引きこもり問題の解決を目指します。

詳しくは 不登校・ひきこもりの9割は治せる 1万人を立ち直らせてきた3つのステップ (光文社新書) 杉浦孝宣著

会長、ランチ ご一緒させてください

教室に入るなり、「退院おめでとうございます」と生徒、スタッフから言われました。 「イヤァ、心配かけたね」等と いつも通り、教室を巡回して、生徒達の様子をみて、

スタッフ、学生インターンと週1の相談面談MTG=在籍者で困った状態の子や相談案件を話し合い、支援方針を決めます。

例えば、
在籍者のうち、8名くらいが昼夜逆転し、中々、教室に通えていません。 日の出太陽の家に合宿するという事で、案内を出しますが、この子たちです、

気をつけておくこと、ありますか?
→ 先方もコロナでピリピリしているから、こちらも人数を絞り、いつも以上の安全面、コロナ対策をやりつつ、計画しようと。

最近はスタッフや学生インターンも慣れたもので、これで、こうやれば、いいですよね。と私は確認する事が多いのです。

MTGが終わると、お昼になり、スタッフや学生インターンとランチMTGがあります。 昨日はインターンの加登君が「財布が寂しいから、今日はお供させてください」と。「ああ、いいよ、他も誘って来いよ。どこ行きたいか? 決めておけよ」

するとすかさず「穴子どん 食べたいッス」と。

教室の真ん前に、高級寿司店があるのです。ランチは1000円からと格安なのです。学生にとっては高値の花で、僕や理事長と行けば、食事代は高卒支援会で出すのが慣わしですから、美味しいものをドカンと食べたいとき、学生が集まってきます。

今日も 寿司やで 「ランチは大盛りできるの? 」

「ハイ」

「では、学生盛り 下さい」と。

僕も入院が長かったので、久々に ドカンと食べました。

ランチMTGは堅苦しいものではなく、フリートークで話します。 主に 生徒の事、教室の雰囲気、就活の事、時折、色恋のことまで。

昨日は スタッフ 大倉が体育祭で指輪を無くしたということを話しました。

「終わった後、あれだけ、探しても出てこなかったので、大倉先生、ショックだったようで、話しかけられませんでした」と女子学生

「父親は3度、なくしたといってました、しかも、風呂場で」と、理事長

「風呂場のわけないだろう、キャバクラとか行く前に、大体、取るんだよ」と、私

とまぁ、こうした話もしますが、生徒の事が多いです。

「そう言えば、今日、K君と会ったよ。 支援してから、1年経つけど、本人を直で見たのは初めてだよ。 様子はどうなの?」

「元々の学校がレベル高いところですから、勉強できますよ」

「引きこもっていたと聞いていたんですけど、体育祭では活躍していました。運動神経もいいですよ」

「それは期待できるね」

「本人、東大を目指すって言ってますよ」

やっと、会えた K 君

約 1年前、ご夫婦で相談に来られて、引きこもっていた子をなんとかして欲しいとスタッフや学生インターンがねばり強く、ご家庭を訪問して、布団をかぶり部屋にこもっていた状況から、家から出る練習を何度も何度も重ねました。途中で人と会うのが不安、新しい環境に行くのが不安になり、投げ出したことも2回ありました。

その都度スタッフと高校生インターンで訪問し、本人の気持ちの整理をしながら家から出られるようになるのに半年かかりました。

最初は放課後に週1回、スタッフと個別指導をしながら教室に通う練習をし、徐々に登校ぺースを増やし、少しずつ顔見知りの生徒が増えていくタイミングで登校時間を早めステップアップを繰り返し、
教室に通って3か月、引きこもりのきっかけになった英語の勉強を3年分こなし、今では学生インターン顔負けの学習をこなしながら教室に通っています。

 

イベント活動を通して、同世代で仲のいい子もでき、急速に教室になじめるように。

今では、基礎学力の勉強だけではなく、率先的に動画編集を手伝ってくれたりと能力の高さを発揮しています。

やっと、会えた K君。握手を交わしヨロシクと伝えて終わりました。

彼はきっと立ち直っていい結果がでるでしょう。期待しています!

-お知らせ, スタッフ、生徒の声, ブログ, 不登校, 不登校塾, 不登校対応, 不登校相談東京 , 中3進路未決定, 引きこもり, 引きこもり相談, 未分類, 高卒支援会コラム

© 2022 会長コラム