高卒支援会コラム

朝起きれない 中学生・高校生でお悩みの保護者さま

朝起きれない 中学生・高校生でお悩みの保護者さま
NPO法人高卒支援会 会長の杉浦孝宣です。昨日はブログ、休んでスミマセン。 今日は朝起きれない 中学生・高校生対象合宿について

PTA 池田会長 高卒支援会便り https://note.com/air747

元中高一貫校不登校 引きこもりの高校生インターン 講演会のブログはこちら

世界で、日本の引きこもり100万人超は異常(8050問題)です。これほど、多い国はないです。更に精神病床数はダントツで世界の⅕!抜本的に不登校・高校中退・引きこもり等の支援を世界基準で一緒に考え直しましょう!コロナ禍で,不規則な生活から不登校・引きこもりに陥っていることが顕在化されていません、手遅れになる前に相談を

当会は30年以上の不登校塾・フリースクール・通信制高校サポート校 等 出席率80%以上(2019年10月から)@東京都水道橋・新宿エルタワーで 3つのステップ ①規則正しい生活>②自信をつける自律>③社会に貢献できる で不登校・高校中退・引きこもりは克服できます! 引きこもり連れだ率 2017年5月から2020年9月 31件中90% 
”子ども達が規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”の教育ミッションを全国に広め、不登校・高校中退・引きこもり問題の解決を目指します。
詳しくは 不登校・ひきこもりの9割は治せる 1万人を立ち直らせてきた3つのステップ (光文社新書) 杉浦孝宣著

朝起きれない 中学生・高校生 合宿再開

親が起こしも、起きられない、引きこもり傾向の中学・高校生は生活改善合宿を勧めます

新書にも書きましたが、規則正しい生活を取り戻せます。条件が合えば。

① 本人が昼夜逆転の生活から抜け出したいという、希望があること
② 保護者もお子さんの自律を望み、断固たる、決意があること
③ ご本人が体を動かすことをいとわないこと

昼夜逆転し、ネット、ゲーム三昧をしている子って、考え方も幼稚になっていることが多いのです。
以前、引きこもり傾向の子から言われたのが、
”このままの生活でいい。将来はニートでいい” と平気で言うんです。ニート宣言を
信じられない話ですが、3ヶ月、6ヶ月と不規則な生活をしていると、その生活にどっぷり慣れてしまうのです。考え方もその延長線上でしかなく、
親がいつまでも、その生活を提供してくれると、思い込んでいる節があるのです。

統計をみると、ほとんどの親が子どもの生活を正そうとしないで、黙って、3食、提供している、総数が100万人超ですから。
軽く、思わない方がいいと思います

サバイバル>ボランティア>ウィークリーマンション

将来が見えないと、つい、目先の事しか考えられないのです。不規則な習慣や自堕落なモノの考え方がこびり付いている場合、どうしたらよいか?
下記のように 当会も手探りでした。

サバイバル>ボランティア>ウィークリーマンション

一番、効果があるのは先日、長崎の無人島へ行った、合宿でした。生徒のブログはこちら

電気も水道も無いところで、1から火起こしをやる体験は命の尊さ、生きていく、難しさを感じ、何でもある、都会の生活を感謝した体験だったことでしょう。
サバイバル合宿は素晴らしい体験だったのではと思いますが、惜しいのは本当に、体験すれば、いいなぁって子は不参加だったのです。
今回参加者はほぼ、改善している子達でしたから

サバイバル合宿は長崎県と、行くまでの敷居が高いですよね。 ボランティア体験合宿は東京都 日の出町にあり、そちらの社会福祉法人の施設を利用させていただき、ポランティア体験しております。 今はコロナの影響で以前より、限定的な活動となりますが、ココでも生活の自律を促す事はできます。こちらは新書にも書きました。

最後に都会にある、ウィークリーマンション合宿はご自宅の環境とさほど、変わらないのです。 どこでも、コンビニとかありますから。 それでも、自宅から離して、自律を促してみたいと要望があれば、支援させて頂きます。

朝起きれない 中学生・高校生でお悩みの保護者さま お気軽に ご相談下さい

-高卒支援会コラム

© 2020 会長コラム