通信制サポート校・フリースクール運営 相談機関

NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営

高卒支援会コラム

中高一貫、赤点の相談 

更新日:

不登校、高校中退の救済を目指すサポーターの皆様
お早うございます。

【赤点、留年の相談】

「中高一貫校に在籍して居ます。中3の時も成績不振でしたが、何とか、仮進級させてもらい、上げて頂きましたが、一学期の成績で赤点を取り、来年、3月の都立補欠募集は今から、準備すれば、間に合うのでしょうか?」

今年の3月に行われた、都立補欠募集は下記の通りです。

 

3月の全日制補欠募集は日程的に無理

3月の全日制補欠募集は日程的に無理

 

加えて、毎日新聞さんの 高校中退年5万人:転校に制度の壁「柔軟な対応を」 によると、3月、都立全日制補欠募集数2995人。166人が受験し、73人が合格。この少ない受験者数は何を物語るか? 日程的にその上、単位の互換性を乗り越え、この試験を受けらる人は限られ、合格するのも非常に厳しいものだと言うことがデータで読み取れるのでは無いでしょうか?

 

単位数だけで、判断する、新宿山吹であれば、近郊の千葉、埼玉、神奈川の子も受験できますし、受験準備する期間も2週間ほどありますので、国数英の基礎学力があり、前もって、保護者が準備していれば、合格の可能性は高いと思います。東京新聞さんの高校中退者 現代の事情(上) 結果出せねば居場所失う アキラ君はうちでお世話して、今年、新宿山吹の二年次に。本人保護者←動画インタビュー  をご覧下さい。 皆さんはこの実態をどう思いますか?

 

Facebook Comments
共有する

-高卒支援会コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営 , 2020 All Rights Reserved.