通信制サポート校・フリースクール運営 相談機関

NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営

自主退学 都立補欠募集(転編入・転学) 高卒支援会コラム

東京都立全日制補欠募集で不合格となってしまった方へ

更新日:

東京都立全日制補欠募集で不合格となってしまった方へ

 

「なぜ、落ちた?」と悔やんでも、仕方がありません。ここで、落ちたら、14日は万全な対策で臨みたいですよね。

 

過去問はやりましたか? 独りよがりでは無く、本当に面接態度、良かったですか? その都立高校に是が非でも行きたいという熱意が伝わりましたか?といった事の対策を取らないと、簡単に受かるものではありません(3月の全日制補欠募集2995名で合格者は73人)。

 

8/14日の志望校選び、20日以降の新宿山吹の定時制、通信制に向けての対策、全て落ちてしまった時の転校先(転入,編入,転学)の相談を承りますね。

 

毎年、中高一貫校をはじめとした私立校の子が相談に来ます。進路先が見つからないと、引きこもりになる可能性が高いのです。

20歳から30歳代の引きこもりの相談を受けますが、共通しているのが、中高一貫校で勉強について行けずに成績不振から不登校となり、中3から高1に上がる時に学校側から「環境を変えた方が..」と。

ここで、折角入った良い学校だからと、「家庭教師等をつけて頑張りますから」と在籍校に高1にあげて欲しいと親は懇願するわけです。

学校側も出ていけとは言えないので、「では、仮進級で様子を見ましょう、高校に入ったら、不登校からは脱して、頑張りましょう」と。

中学時代、成績不振、その上、不登校、これで、難しい、高校の授業についていけるわけも無く、
「高校に入学した途端、不登校で、中学とは違い、欠席日数による留年=自主退学って、学校からいわれており、どうしたら良いでしょうか?」

「原因は学力不振ですよ、できないところから、キチンとやり直せば、立ち直ります!今の欠席日数ですと、単位を通信制などで揃えて、新宿山吹を狙うこともできますが、」

「はぁ、そういった道があるのですね。カウンセラーの先生はそこまでアドバイスしてくれませんでした」

「お母さん、カウンセラーの先生で、高校卒業や将来の大学、就活とキャリアデザインを考えてくれる人、少ないですよ。第一、現在の状況(不登校、成績不振)を受容し、肯定しますから、不登校や成績不振が助長されるだけじゃ無いですか」

 

〜中略〜

不登校や高校中退問題に直面すると、ほとんどの親はパニクる。ネットで不登校や高校中退と調べると、通信制高校、サポート校、カウンセラー、全寮制、元暴走族の先生..

親御さんには冷静に対処して欲しいですね。お子さんの本質的問題は何か? 28年間、この仕事をやっておりますが、ほとんどの場合、勉強に対して、自信喪失からくる不登校、中退が多いんです。

不登校、高校中退の根本的な立ち直りは”基礎学力を養成し、自信を回復させる。”規則正しい生活習慣”、”環境を変える” この三つです。

 

Facebook Comments
共有する

-自主退学, 都立補欠募集(転編入・転学), 高卒支援会コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営 , 2020 All Rights Reserved.