引きこもり

引きこもりの中学生と保護者へ 元引きこもりが引きこもりを訪問支援

引きこもりの中学生と保護者へ、元引きこもりが引きこもりを支援します
引きこもりで悩む中学生ご本人と保護者さまへ 
NPO法人高卒支援会 会長の杉浦孝宣です。今日は元引きこもりが引きこもりを訪問支援し、成功した話をします


11/5 朝日新聞 13面の反響多いので、しばらく載せます。
(私の視点)中高生の引きこもり支援 行政は訪問体制を整えよ 杉浦孝宣 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S14683802.html

元引きこもりが引きこもり訪問支援


拙著 不登校・ひきこもりの9割は治せる 1万人を立ち直らせてきた3つのステップ (光文社新書) 杉浦孝宣著 で紹介した、カイト君は現在、当会の通信制高校サポート校に在籍する、高校1年生です。3つのステップ ①規則正しい生活>②自信をつける自律>③社会に貢献できる で引きこもりはほぼ、克服できています。

③の社会貢献については、現在、引きこもり訪問支援員、homepage 作成などで活躍しています。

昨日は元引きこもり中学生だった カイト、カイトの支援で引きこもり克服中のK 君、スタッフ 根本、私とで、水道橋校の近くのタレかつやに行きました。

K君に 「自宅にカイト来たとき、どう思った?」

K君 「変な人が来たと思いました」

カイト 「それはないだろ!」

私 「では、根本君はどう思った?」

K君 「普通の人です」

私 「だろ!! カイトは変な人だよ、というか、引きこもりはそもそも、変な人だから、僕が選りすぐって、カイトを選んだんだから、変に決まっているよ」

とたわいもない話をしながら、タレかつやに来ました。 席につくなり、カイトが財布をテーブルに出すのを見て、

私 「何やってんだ? おまえ」

カイト 「今日はK君に奢る、約束をしたんです」

私 「お前なぁ、僕と一緒にランチ行く時は財布忘れたと言わなきゃダメだろ! わかるか?」

カイト 「そんな、忘れるわけないですよ」

私 「いいんだよ。これを(財布)引っ込めて、忘れたって言えば」

やっと、意図がわかったようで、引っ込めました。



命の恩人


「最近、見学者も多いですよね。ただ、女子が中々、入らないですね。」

「それはお前のような、変態が教室の出入り口に居れば、印象、悪いよね。そろいもそろって、引きこもりコンビだからなぁ。変だよ」笑

「いっその事、男子校にしたらどうですか? 」

「ダメだな。偏った雰囲気はよくないよ。7:3、8;2 くらいの 男女比が いいと思うけど、にやりとして、そうだ、お前たち、ウィッグを買ってやるから、女装しろ、女子を集めないとなぁ」

引きこもりコンビは真面目なので、エッ マジかよって、表情になりました。

「絶対に嫌です!! それより、K君んき続く、後輩が欲しいっす」と カイト。

「後輩って、それはK君が君の事を先輩と思わないと、先輩後輩の関係にはならないだろ、変な人が家庭訪問したから、出てきただけで、K君からしたら、何も尊敬に値しないよな? なぁ、K君」

「いや、その、、、先輩は命の恩人です」

「よかったなぁ、そう思われて、で、カイトはこれから何を目指すんだ」

「親戚の子が明治に行ったので、僕はそれ以上を目指します」

「勉強しているのか?」

「してますよ!」

K君は 「僕もしてます。竹村先生からは目指すなら、東大を目指せって、言われてます。」

「いいじゃん、目標は口に出せば、半分は達成したと思うよ、頑張りな!」

30年以上

当会は30年以上の不登校塾・フリースクール・通信制高校サポート校 等 出席率80%以上(2019年10月から)@東京都水道橋・新宿エルタワー・池袋・横浜で 3つのステップ ①規則正しい生活>②自信をつける自律>③社会に貢献できる で不登校・高校中退・引きこもりは克服できます! 引きこもり訪問成功率 31件中90%以上  2017年5月から2020年9月  
”子ども達が規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”の教育ミッションを全国に広め、不登校・高校中退・引きこもり問題の解決を目指します。
不登校・ひきこもりの9割は治せる 1万人を立ち直らせてきた3つのステップ (光文社新書) 杉浦孝宣著
Amazon 詳細はこちら

-引きこもり

© 2020 会長コラム