通信制サポート校・フリースクール運営 相談機関

NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営

高卒支援会コラム

支援していて、教訓は?

更新日:

不登校・高校中退・引きこもり中学生でお悩みの保護者様 今月の保護会は2月25日 18:30〜21:00 @飯田橋ボランティアセンター
NPO法人高卒支援会の杉浦孝宣です。世界で、日本の引きこもり100万人超は異常です。これほど、多い国はないです。
更に精神病床数はダントツで世界一! 等もふくめ、抜本的に不登校・高校中退・引きこもり等の支援を世界基準で考え直すべきではないでしょうか?

当会は30年以上の不登校塾・フリースクール・通信制高校サポート校 @東京都水道橋・新宿エルタワーで
3つのステップ ①規則正しい生活>②自信をつける自律>③社会に貢献できる で不登校・高校中退・引きこもりは克服できます!
”子ども達が規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”の教育ミッションを全国に広め、不登校・高校中退・引きこもり問題の解決を目指します

学生インターン向け 勉強会

先日は学生インターン・ポランティア向けの勉強会を行いました。スタッフも含め、10名。うち、外部の方2名。
私からは35年前、高校進学したくても、高校進学できなかった、団塊ジュニアの中学浪人を支援したのが、キッカケで朝から通える不登校塾・フリースクールを始めた。
数年で、中学浪人問題は受験人口が減りましたが、高校中退をして、1年遅れて、高校再受験する者。不登校中学生で中学の代わりに勉強の指導を希望する者が次々と入塾してきました。その頃は今の教育支援センター(適応指導教室=公立フリースクール)は無かった時代でした。
都立新宿山吹が平成3年に開校したときは志願者による長蛇の列でテレビ局がヘリコプターを出し、上空から撮影していたほどで、倍率は20倍というとんでもない競争倍率でした。
当会、在籍者の2名が受かったので、翌年から 「山吹に入れて欲しい」と山吹志望の子が集まったのです。
4〜5年前から新宿山吹は内申重視となり、通信制高校サポート校にも本格参入しました。現在は年間、60名程度の在籍者がおり、中学1年から20歳前後までの子が居ます。
自分も小学3年の時、保健室登校でしたので、最初に支援した、中学浪人と出会い、高校進学できない等の挫折感を払拭して、自信をつけて、社会に出て欲しいという情熱が沸きました。
これは今でも変わりません。
当会の教育ミッション
”子ども達が規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”
は私が小学4年の時、千葉県の竹岡養護学校で不登校を克服したときの体験とその後の支援を通じて、考えました。
若いときは Action ×Passion×Missionの順で
とにかく、行動。Action
行動していくうちに 情熱が沸く、仕事にあえるものです。Passion
こうして、自分がどのようにやっていくか、Mission が出てくるものです。
もうすぐ、還暦を迎える、私のような人は
Mission ×Passion×Action とやるべき事が決まっているでしょうからこの順番で自分の夢を実現するため、頑張ればいいと思います。
私はこの教育ミッションを全国に広め、日本国中の不登校・高校中退を解決し、引きこもりをこれ以上、増やさないようにしたいと思います。
世界的にも引きこもりが100万人も居るのは日本だけです。他国でできて、日本ができないはずはありません。
賛同頂けたら、是非、一緒にやっていきましょう。と約20分、話しました。

支援していて、教訓は?

「今まで、支援をしてきて、教訓はありますか?」

「2つあります。どちらも生徒が起こした、殺人事件です。一つは小学2年から18歳まで引きこもっていた子の高校卒業を通信制高校サポート校で支援していたとき、父親より、最近、そちらに足が向かないのです。どうしましょうという相談があったときにすかさず、自宅に訪問などをしておけば、よかったと思いました。その電話から冬休みを挟んで、その生徒は父親を刺し殺しました。後から、考えるとその兆候はありました。もう一つは精神科医医を過信するなっていう事でしょう。以前、普通の学習塾をやっていました。小中学校とごく普通の子共が高校進学したものの、高校中退したとのことで、高卒認定取得の支援をしました。その後、海外留学をしてメデタシメデタシでした。その後、音信も無く、便りの無いのは良い知らせと思っていましたが、数年後に保護者から精神疾患に罹り、入院中に看護師を殺したので裁判に協力してくれとありました。聞けば、向精神薬を大量に飲まされ、管理がずさんな病院でおきた事件でした。その頃から、向精神薬のことについて、勉強するようになりました。調べると、日本では欧米では自殺傾向が強く出る、または暴力的な行動を引き起こす等の理由から販売が禁止されている薬が日本では売られており、まさに、アヘン戦争を彷彿させる現象が今なお、起こっているという事です。つまり、余った、薬を在庫処分で法律の緩い、日本で売っているわけです。こうした事から精神科医を過信することは危険であり、不登校は精神疾患では無いという事です!」

Facebook Comments
共有する

-高卒支援会コラム

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営 , 2020 All Rights Reserved.