不登校塾30年以上!通信制サポート校・フリースクール 東京都新宿エルタワー・水道橋

NPO法人 高卒支援会

ブログ

中学校の先生の悩み

投稿日:

私のNPOを活動を通して、数十人の先生と今日、話す機会があった。



今年の受験生は、経済的な理由のために都立一本の生徒の割合が多い。



その後の事は、親も本人も何も考えていないそうだ。



また、ほとんどの子がまじめな生徒が多く、受験のスタートが遅かっただけらしい。



だから、もし全日制の都立に落ちたら、


定時制には絶対に行かせるのは反対だという。


中学の先生の話によると、定時制に行かせると 


”まじめな生徒がガラが悪くなる。” 最悪のパターンになるという。


そもそも、


その定時制も都内で統廃合が進み、普通科の高校は数えるほどだという。



経済的に恵まれない子は、高卒の資格すら難しい時代になったのだろうか?


世の中には、大器晩成の子が居て、高校時代くらいからメキメキと


頭角を現す生徒は、ゴマンといると思う。


人生で最高に学ぶ時期に チャンスも与えられないのかと



教育の世界は、せめて、機会均等にしてもらいたいものだ。



高校進学についての相談は、無料で行っています。

お気軽にどうぞ。 






Facebook Comments
共有する

-ブログ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人 高卒支援会 , 2019 All Rights Reserved.