いじめが起きてしまう原理

 

eスポーツを通じた不登校引きこもりの支援について取材していただき朝日新聞掲載にされました!
今年からNTTe-Sports運営のeXeFieldAkiba活動を始めました!是非ご覧下さい!記事はこちら

 

皆さんこんにちは!NPO法人高卒支援会理事長の竹村です。

以前書いた学校にいくメリットのブログの続きです。

 

いじめが起きてしまう原理

学校に行けなくなってしまう原因は様々です。

今回はいじめが起きてしまい学校にいけなくなってしまうことについて書きます。

 

 

では、みなさんどうやったらいじめが起きてしまうのかご存知ですか?

私もそう問われたとき頭に思い浮かべたのが、態度が気に食わないとか、顔が嫌いとか、SNSで調子乗っているとかなんかほんわかした表現しか思いつきませんでした。

前のブログでも載せましたが、youtubeでメンタリストDaigoさんによると

クラスの平均性格から乖離している子がターゲットになる。

んー。たしかに。

具体例でいうとやんちゃな子が多いクラスに暗い子がいれば会話が合わなくてターゲットにされる。逆パターンもあり、アニメとか漫画が好きな子が多いクラスにヤンキーがいると浮いてしまう。

これが、クラスの平均値から乖離しているということであるそうだ。

いじめが起きると不登校になってしまう可能性が非常に高く、そのクラス(学校)で解決するのは難しい。

だからといって、いじめが起きたから不登校で良くて学校には通わないというのは間違いです。

この意見は極論で、

交通事故がおきるから車や自転車に乗らない方がいいと同じことをいっている。

 

では、どうしたいのか?杉浦の前書である

『 高 校 中 退 』

という本で環境を変えてあげることが大切だと述べています。

 

自分の性格、相性などが合う居場所というのは必ずあります。

環境を変えて楽しく登校できる学校や、フリースクール、塾などの居場所を探してみてはいかがでしょうか。

高校生以上であれば通信制高校もあります。その学校に拘らず探してみてください!

 

 

 

スタッフ募集はこちら

寄付はこちら

 

世田谷区要保護児童協議会構成員として相談受け付け中です!

新宿池袋横浜、千代田区水道橋教室にて不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。

不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会の公式youtubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします!

noteにて、不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します!

小、中学生の居場所がコロナの影響で奪われています。当会のフリースクール部門としては、東京近郊の休校している小学校、中学生の居場所として朝から開室しております。

 

-お知らせ, 不登校塾, 進路未定, 進路相談

© 2021 理事長ブログ / スタッフ・生徒ブログ