神奈川の高校転校は可能なのか? 

各新宿、池袋、横浜、水道橋教室にて不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。 不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会の公式youtubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします! noteにて、不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します!

みなさん、こんにちは。NPO法人高卒支援会・世田谷区の要保護児童支援協議会の構成員 根本です。

神奈川県の不登校・引きこもりでお悩みの方、是非一度ご相談ください。

 

神奈川県の高校生で不登校・引きこもりのため高校を転校しようと考えている方は注意が必要

神奈川県には東京や大阪のように転学制度はありません。

なので、神奈川県内での県立高校転校の試験日程があるわけではないので基本的には県内での高校転校は出来ません。(一部条件を除く)

そうなると他の選択肢として挙がるのが、私立全日制高校になりますが、受け入れる学校によるので学校に問い合わせする必要があります。

当会の経験上、学校の反応や返答によって受け入れてくれるかどうかわかります。

また、どうしても公立の高校が良いという方は、都立高校を受けるという方法もありますが、この場合はご家庭の状況によっていくつか条件をクリアーする必要があります。

また、高校転校問題をないがしろにして不登校期間を延ばしてしまったり・間違った選択肢を取ると以下のようなことが起きてしまうので、注意が必要です。

ケース1 5月から引きこもりの子が転校のタイミングを失ったケース

高校1年生のB君は、県立の進学校に通っていました。

中学時代は近所の子たちが進学校に向けて受験をしていた・母親が教育熱心だったため、勉強漬けで第一志望の高校に合格しました。しかし、勉強漬けの反動で一切高校で勉強しなくなり、登校も渋るようになります。4月の中旬のことです。高校にはもう戻れないんだと絶望し5月GW明けから完全に自室で引きこもります。

部屋のドアが完全に閉ざされていたため、ドアの隙間から手紙を入れること2回。部屋から出てくれるようになります。この時点で6月、B君は少しずつ高校転校を視野に入れるようになります。

今年度は通信制高校で気持ちの立て直しをしながら2年時に都立高校への転校を考えていたところ、母親が全日制高校に移って普通の学校生活にいち早く復帰して欲しいと、私立全日制高校や都立高校転校に向けて動き出してしまいました。ここで本人、全日制高校への拒否感がまだ拭えていない段階での動きだったため自室に引きこもってしまい、高校転校のタイミングを失い留年していまいました。

ケース2 5月から不登校になり、6月に高校転校をしたケース

高校1年生のC君は神奈川の私立中高一貫の進学校に通っていました。

友人関係に疲れ、5月から不登校に。当初は高校に行く気はありませんでしたが、何回か本人に説得をし、高校転校の決意をしました。保護者の理解もあり、スムーズに高校転校の準備を始めます。その後、都内の私立の全日制高校に転校をしました。

高校転校・編入の相談は5月22日個別相談会で解決しよう

 

-根本のブログ, 進路未定, 進路相談
-, ,

© 2021 理事長ブログ / スタッフ・生徒ブログ