退学・休学ではなく 「転学・編入学」で高校を続けるという選択肢

各新宿、池袋、横浜、水道橋教室にて不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。 不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会の公式youtubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします! noteにて、不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します!

退学・休学ではなく 「転学・編入学」で高校を続けるという選択肢

みなさんこんにちは、NPO法人高卒支援会・世田谷区の要保護児童支援協議会の構成員 根本です。

「もう学校に行きたくない」「人間関係に疲れた」「勉強についていけない」。

そんなギリギリの段階にいる高校生と保護者に、ぜひとも知ってもらいたいことがあります。

自分にとって、いまの高校は、心を沈ませる、苦しい場所かもしれませんが、退学や休学を早まらないことです。

退学や休学を早まらないでほしいのは「高校を変える」ことで新しく学校生活を再スタートできるからです。新しい学校で立ち直りや再出発を少しでもスムーズにするため、学校を辞めるとしたら、まずは転学先・編入がを決め、転学先への合格に向けた対策が必要です。

高校1年生の夏にある第二学期都立高等学校転学・編入学募集が転学・編入学のチャンスです。

定時制・通信制・単位制の高校からでも全日制高校を受けることが出来ます。

しかし、試験に合格するには学校の傾向と対策が必要です。

当会では10年以上の指導歴・過去問を多数所有しており、転学・編入学の傾向を元にしたオリジナル模試もございます。3科目+進路面談(3500円)でご案内可能です。

また、ご相談は無料なのでお気軽にご相談ください。(個別指導のため、枠に限りがありますのでご注意ください。

通信制高校という新しい選択肢

全日制高校にくらべて学び方がとても柔軟な通信制高校に進学・転学する子が増えています。以前であれば高校中退のままアルバイトを探すか、高等学校卒業程度認定試験を受けるという選択肢が主流でしたが、通信制高校という選択肢が利用しやすくなった現在では、高校卒業はもちろん、その先の進学・就職にも希望が持てるようになっています。

何より、ほとんどの通信制高校は、それまでの学業成績で入学者を選別しませんから、勉強の面で立ち遅れてしまった人にとっても、やり直しの大きな機会になります。

また、全日制高校を諦めきれないという方は当会で通信制高校に所属しながら転学・編入学の対策をしながら成績取得が出来る唯一の教室です。

GW明けに転学・編入学・通信制高校を考えている方向けの相談会

-根本のブログ, 通信制サポート校, 進路相談, 都立補欠募集転学試験
-, ,

© 2021 理事長ブログ / スタッフ・生徒ブログ