通信制高校の落とし穴

 

 

皆さんこんにちは!NPO法人高卒支援会の竹村です。

今日は、通信制高校の落とし穴について話します。

現在、通信制高校は安価な自宅学習コースと、全日制のような毎日通えるコース、自分自身の体調により選べる週◯◯コースなどがあります。

NPO法人高卒支援会の教育ミッションは、規則正しい生活、自信を持つ、自律し社会に貢献する未来を実現することを掲げています。

このミッションから当会では基本的に週5毎日コースを推奨しています。

 

自宅学習コースの罠

通信制高校は、全日制高校のように毎日登校しなくともある要件を満たせば単位を取得できます。

そのため、自宅で自由に学習できる自宅学習コースがあります。しかし最近のご相談ではあったケースとしましては、自宅でのんびりやれるのはいいが

卒業要件のためのスクーリングと呼ばれる授業に出席していなくて単位が取れなかった、単位認定試験(期末テスト)を受けに行かなかったので単位が取れなかったなどの相談があります。

自宅学習コースは安いという最大のメリットがありますが、その通信制高校とのコミュニケーションを持たないため居場所を提供されていないわけです。

そのため、本来大事であろうスクーリングやテストの日程さえも平気で休んでしまいます。

これが自宅学習コースの罠です。

 

 

通信制高校の落とし穴

通信制高校は、オプションコースで自分の好きなものを勉強できるといったメリットや時間を自由に使えるといった最大のメリットがあります。

裏を返せば、やる気がない生徒にとっては苦痛です。指示も何もなく好きなことをやっていいよ!はいどうぞ!と放り投げられるのです。

ここが通信制高校の落とし穴です。

 

メリットとデメリットが紙一重なんですね。皆様どうでしょうか?自由という甘い言葉に騙されていませんか?

本人が自制しつつ、計画的に物事をこなせるのか今一度考えてみてください。それが難しい場合には、当会のような毎日通学コースをおすすめします!

 

 

新宿池袋横浜水道橋教室にて不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。

不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会の公式youtubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします!

noteにて、不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します!

小、中学生の居場所がコロナの影響で奪われています。当会のフリースクール部門としては、東京近郊の休校している小学校、中学生の居場所として朝から開室しております。

-フリースクール, 理事長ブログ, 通信制サポート校, 通信制高校, 進路未定, 進路相談

© 2021 理事長ブログ / スタッフ・生徒ブログ