不登校塾歴30年以上!通信制サポート校・フリースクール

NPO法人 高卒支援会

Sくんの連れ出し奮闘記 お知らせ ブログ 大倉ブログ 訪問支援

不登校・引きこもり訪問支援ブログ 〜Sくん連れ出し奮闘記 特別編 部屋からカナダへ〜

更新日:

NPO法人高卒支援会 お問い合わせ
(お電話はこちらから▷ 03-5937-0513  メールはこちらから ▷ info@kousotsu.jp )

LINEでのお問い合わせ・ご相談は下の友だち追加からお願いします!
友だち追加

皆さんこんにちは!

高卒支援会、訪問支援、担当職員の大倉です!

高卒支援会コラムでも杉浦が書きましたが、引きこもりから痛ましい事件が起こりました。

引きこもり問題は、放置すればするほど、問題が複雑化し、本人も未来に対して希望が持てなくなっていくことが本当に多いです。

「8050問題」

もっと早く手はうてなかったのでしょうか?

さて、話は変わって、本日は久々にS君について書かせて頂ければと思います!

S君は引きこもり始めから、訪問相談を始め、無事外に出ることができ、教室に通い、だいたい1年半になります。

今回は、題名でお分かりの方もいるかと思いますが、S君奮闘記の特別編

 

「部屋からカナダへ」

 

について詳しく書いていきたいと思います!!!

また、今までのSくん奮闘記はこちらからご覧いただけます。

 

引きこもりから 外に出て 「なにするの?」

 

引きこもりで苦しんでいる当事者たちは

 

「もうどうしようもない・・・・」

 

「今から外に出てどうするのか?・・・・・・どうせもう無理」

 

「もう普通の人には頑張ってっも追いつけない・・・」

 

「将来なんて考えたくない・・・」

 

などのマイナスの気持ちに囚われてしまい、行動できず、体が実際に動かなくなることが多いです。

 

現実に今、時間を無駄にしてしまっていると言う自覚があるので、引きこもりの子は

 

「無駄」「意味ない」

 

と言う言葉をよく使います。

 

逆をいうと「もう失敗したくない」と言う気持ちが本当に強いんですね。

 

また、ここで重要なのが、

 

「このままで良いと」本心で思っている人は「いない」と言うことです。

 

 

 

まずは、その気もちがあると言う前提で接すること、が非常に重要です。

 

実際Sくんも今の自分を良しとせず、服装、髪型、話し方、全て変えたほうがいいと言うところは、先輩、先生に相談しながら頑張っています。

 

実際に「なにをするか?」に関しては、一人一人違います。

と言うよりも先生と本人、周りの友達、先輩のアドバイスで変わってきます。

 

あえて言うなら、「人と接すること」を頑張ってもらいます。

※当会では、通信制高校所属、フリースクール所属の生徒、14歳〜20歳くらいまでの子たちが学年年齢関係なく同じ教室で過ごし、イベントなどを通して、規則正しい生活、自信、社会性を身につけることができます!

 

友だち追加

NPO法人高卒支援会 お問い合わせ
(お電話はこちら ▷ 03-5937-0513)

小さい部屋から大きなカナダへ

 

自分の部屋の中という狭い空間がSくんの世界でしたが、なぜカナダにいくまでになったかというと、本当に色々な要因があったと考えられます。

 

・日々規則正しい生活を意識し、登校を続けたこと

・高卒支援会卒業生インターンの全国ヒッチハイクで、体を張って「体験すること」「行動すること」の重要性を教えてくれたインターンの加藤君

・高卒支援会のイベント活動で、知らない場所にいくことに抵抗感がなくなったこと、楽しいことおあると体験でわかったこと

・同じように不登校や、高校中退を経験している先輩が自分の進路を自分で決め、努力し、それに向かっている姿を自分で見ること

 

 

お風呂にも入らなかったSくんが同年代の子と頑張りながら、カナダ留学で頑張る姿は、本当に成長したなと感じることが出来ました!!

 

実際、カナダでの体験を、留学に行った子ども達に報告会を行なってもらいます。

詳細はこちらよりご覧頂けます。

 

 

 

 

 

※当会では通信制高校の運営も行なっており、詳しくご説明させて頂くことが出来ます。
コチラよりご覧頂けます。

友だち追加

NPO法人高卒支援会 お問い合わせ
(お電話はこちら ▷ 03-5937-0513)

 

なるべくはやく・・・・

 

訪問相談を実施する上で、特に難しくなってくると大倉が実感するのが年齢が18歳を超えているケースです。

理由は、「焦り」と「諦め」にあると感じます。

保護者の方は、焦り、本人は諦める。ギャップはどんどん広がり、マイナスのスパイラルに陥ってしまいがちです。

取れる選択肢の幅も違います。

あと1年早ければというご相談も、決して少なくありません。

ご家族だけで、悩むのは、やめ、まずはご相談ください。

 

友だち追加

NPO法人高卒支援会 お問い合わせ
(お電話はこちら ▷ 03-5937-0513)

お知らせ

相談会のご案内

6月 20日(木) / 27日(木) 「高卒支援会 新宿教室(少人数性才能発掘型フリースクール)説明会」
7月 3日(水) 「2019年度夏の補欠募集向け 高校転学相談会」
7月 17日(水) 「2019年度第二学期都立高等学校補欠募集模試 (転学・編入学) ~7月転学模試のご案内~」

行事お知らせ

6月 30日~7月 1日(日・月) 千葉キャンプ企画
7月 10日(水) 浅草寺遠足企画

NPO法人高卒支援会運営 東京都不登校塾新宿エルタワー校では都立・私立高校受験、医学部・国公立大学受験、都立補欠募集対策の合格実績をあげています。
二年間のひきこもり経験がある講師と高卒支援会から劇的に立ち直った大学生講師が新宿エルタワー教室で立ち直り・学習指導のサポートをしています!
ミッションは、子どもたちが自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します!という方針での学習指導を実施しています。

・基礎学力養成 中学生、高校生向け不登校塾
第一学期・第二学期・第三学期補欠募集の学科対策、面接対策不登校塾
・医学部・国公立大学の学科対策、面接対策不登校塾 など
相談面談で生徒の生活スタイル・目標にあった科目・コースをご案内しています。

実際に当会から受験をした生徒・保護者の声もご紹介しています。
受験対策も自然と、身につき、チャレンジスクール受験の作文・志願申告書・面接、新宿山吹高校特有の集団面接では結果を出しています。
※不登校対策は規則正しい生活を促し、社会に貢献できる人材を養成することを第一、目標としています。

お問い合わせ

不登校・引きこもり・8050問題解決のための講演会・セミナー依頼を期間限定で受け付けております。
ご興味がある方・団体・企業様は是非ご連絡下さい。

LINEから不登校・高校中退・引きこもり相談問い合わせ
友だち追加
NPO法人高卒支援会 ご相談のお問い合わせ

お電話▷ 03-5937-0513
メール ▷ info@kousotsu.jp

twitter
Youtube  ▷新コーナー「不登校SOS」開設!

支援・寄付:支援・寄付募集ページ

提携サポート校:鹿島学園高等学校 水道橋連携キャンパス

高卒支援会では、インターン・ボランティアスタッフを募集しています!
募集案内はこちら
Facebook Comments

-Sくんの連れ出し奮闘記, お知らせ, ブログ, 大倉ブログ, 訪問支援

Copyright© NPO法人 高卒支援会 , 2019 All Rights Reserved.