不登校塾30年以上!通信制サポート校・フリースクール 東京都新宿エルタワー・水道橋

NPO法人 高卒支援会

お知らせ 東京都へ陳情

通信制サポート校への補助金の要請に関する陳情

投稿日:

不登校・高校中退・引きこもりでお悩みの方
不登校,高校中退,引きこもり指導歴30年以上! 
不登校塾・通信制高校サポート校・フリースクールを東京都新宿エルタワー・水道橋で運営しています
NPO法人高卒支援会の杉浦です
引きこもり経験者 Atsushiが通信制サポート校への補助金の要請に関する陳情書を作成し,東京都議会に提出しました
ポテンシャルの高い、生徒が居ると、楽しみですね!!
①規則正しい生活>②自信をつける>③自律>④社会に貢献できる 
この手順で不登校・引きこもりは克服できます!を証明し、全国にこのノウハウを伝えるように頑張ります

【通信制サポート校への補助金の要請に関する陳情】

1.陳情の要旨
私たちは、都において通信制サポート校の学費に対する補助金を交付していただきたく存じます。

2.陳情の理由
現在、高等学校における中途退学者数は47,249人⑴となっており、社会問題として大きく取り上げられている「引きこもり」や「若年無業者」へと深刻化しています。
そして、これらの中途退学者の受け皿となっている「通信制高校」、又「通信制サポート校(通信制高校の生徒が卒業できるよう精神面や学習面のサポートを行う塾)」の2つの教育施設では、不登校や引きこもりといった状態の子供どもに対して高い効果(高校・社会復帰や大学進学等)を上げているにもかかわらず、卒業までの経済的負担が非常に大きくなってしまうというのが現状です。

※高校卒業資格を取得するためには、学校として認可されている通信制高校に入学するだけでは現実的には取得が難しく、多くの生徒が通信制サポート校に通うことになります。
文部科学省が発表している 「学校基本調査」 の平成27年度版を見てみると、通信制高校ではおおよそ20%の生徒が卒業を諦めています。また、通信制高校には私立と公立がありますが、卒業率の水準の低さは公立校で顕著であり、私立通信制高校の中退率は約14%であるのに対して、公立高校の中退率は約43% と入学者数の約二人に一人程度が通信制高校を中途退学しています。


上記の中退率の理由としては通信制高校の(主に学費が低い公立においての)生徒へのサポートが不足している(登校日数が少ない、勉強できる環境がない、生徒数に対する教職員数が少ない)ことがあります。
そういった不足したサポートを補填する役割を持っているのが通信制サポート校であり、両方に在籍しその後の進路へ向かうのが典型的な形となります。
そのため通信制高校、通信制サポート校両方の学費がかさむことによって経済的な負担が大きくなります。
中途退学者には経済的に困難な子どもも多く、そういった家庭においてはさらに復帰が困難になっています。
以上の理由に加え、通信制サポート校では設置団体にNPOや民間企業などが多く、学費を抑えることが困難であるため、通信制サポート校の学費への補助金を交付していただけるよう陳情致します。

(参照)
1) 文部科学省、平成28年度 「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」 (参照 2018-10-3)
(http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/02/__icsFiles/afieldfile/2018/02/23/1401595_002_1.pdf)
2) 文部科学省、平成27年度 「学校基本調査」 (参照 2018-10-3)
(https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000031656791&fileKind=0)

【全部,Atsushiがやりました】

上記、陳情書は全部、Atsushiに書いてもらいました。

当会、入社時、8月に「お前のミッションステートメントに”引きこもりの状態から、同じような境遇にいる・またいた人から救われる経験をした。以下6つのミッションの達成を目指し、不登校・引きこもりのサポートに関わる”とあるけど、具体的な行動に移せ、具体的には東京都に陳情しろよ。」

〜ポカーン〜としているので、東京都から出ている、陳情制度の書類を渡した。

「陳情書の中身はどうするんですか?」

「いいか、Atsushi、お前、悔しくないのか? お前が、当会に入会したとき、高卒認定を取るのが目的できたよなぁ。お前の家が経済的な理由で通信制高校サポート校の選択肢を断念したことを!」

「そうです。そ、そ、その通りです」

「そうだろ。つまり、ご家庭の事情で経済的に節約したかった、だから、登校日も毎日ではなく、週3日。高卒認定を全て、取って、メデタシ、メデタシだった、去年の12月位から、登校が不規則となり、1月は完全に昼夜逆転し、2月には引きこもりに逆戻り、以前の高校1年の時、入院したときと同様かもしくはそれ以上に精神状況は落ち込んでいた。何が原因かって、そもそもの原因は登校が限られ、高卒認定を取って、やる事が無くなったんで、生活を乱してしまったんだろ?」

「そうです、その通りです」

「こっちも悪かったが、最近だよ、君のご家庭の事情がわかったのは、もっと、早く、気付くべきだったよ。お前みたいなご家庭はいくらでもあるよ。こうした事を陳情書に書けばいい、これが通れば、チマチマと高卒支援会と関わった人だけではなく、東京都、全体に影響力を行使できる。更に、東京が変われば、横展開で、全国に伝播する。コレこそ、究極の貧困対策、そのものだ」

皆さんにお願いがあります。是非とも、この零細、NPOにお力を頂き、陳情を通して、頂きたければ、Atsushiのように不登校・高校中退・引きこもりで悩んでいる青年を救えます。
是非、ご協力お願いします。

Facebook Comments
共有する

-お知らせ, 東京都へ陳情
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人 高卒支援会 , 2019 All Rights Reserved.