進路選択で失敗しないためにはどうすればよいか 転学実績を元にした転学判断のアドバイス

eスポーツコース、進路指導についてメディア掲載されました!詳細は画像をクリックで飛びます。

みなさん、こんにちは。NPO法人高卒支援会・世田谷区の要保護児童支援協議会の構成員/渋谷区フォロースタッフの根本です。

全国・不登校・引きこもりでお悩みの方、是非一度ご相談ください。

 

様々な理由で高校転学を考えている方がいらっしゃいます。場合によっては転学した方が良いですし、状況次第では転学をオススメしない場合もあります。

進路選択で失敗しないためにはどうすればよいか、当会では10年以上の転学実績を元に転学をしたほうが良いかどうか判断のアドバイスをさせていただきます。

 

主に以下のような理由で高校転学を考えている方は転学に向けた面談をオススメします。

・私立中高一貫の内進生で高校へ進級したが1年時の定期テストの結果、留年となると勧告を受けた。

・高校受験で希望していた学校を受けられず(受けず)進学した学校が合わない。(どうしても都立高校が諦められない。)

一方で以下の理由で高校転学を考えている方は転学試験のハードルが高いといえます。

・入学当初から登校できず、欠席が1ヶ月以上続いている

・学校で不祥事を起こしてしまった。

 

同じような理由をお持ちの方は自分で悩んだままにせず一度ご相談ください。

スタッフ募集はこちら 寄付はこちら   渋谷区フォロースタッフ(訪問員)世田谷区要保護児童協議会構成員として相談受け付け中です!

新宿池袋横浜、千代田区水道橋教室にて不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。

不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会の公式youtubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします!

noteにて、不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します!

小、中学生の居場所がコロナの影響で奪われています。当会のフリースクール部門としては、東京近郊の休校している小学校、中学生の居場所として朝から開室しております。

『令和3年度第二学期都立高校転学・編入学募集』を受験する方向けの夏期直前講習を実施致します。

転学・編入学試験は特徴があり、対策なしで受験すると合格率3割ほどです。また、面接の比重も高く、面接で失敗すると筆記試験が合格点に届いていても落ちるケースが多いです。

そのため試験の直前は効率よく筆記と面接の対策をするのがおすすめです。

第二学期補欠募集が最も募集人数が多いため転学・編入学をしたいという方は今回の試験を合格させましょう!

学校の夏休み期間に夏期直前講習を是非利用してください!

-未分類
-,

© 2021 理事長ブログ / スタッフ・生徒ブログ