都立高校転学・編入学試験 学力が不安。どこを受けたらよいの?

 

 

不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。

6月1日から水道橋教室の開室、鹿島学園新宿エルタワーキャンパスの開校です!

不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会のyoutubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします!

 

こんにちは!スタッフの竹村です。いよいよ転学・編入学試験の日程が近づいてまいりました。最近の相談のなかでよく聞かれる質問part2でお答えしていこうかと思います!

 

都立高校転学・編入学試験 学力が不安。どこを受けたらよいの?

都立高校転学・編入学試験でよくお問い合わせがあるのが、どこらへんの偏差値の高校を受験したらよいの?というご相談です。

原則2回しか受けられず、ご不安ですよね?しかも最初に受かった高校に必ず転学しなければいけないというルールもありますので慎重に選ぶ方が多いです。

都立高校転学・編入学試験では、時期によって異なりますが、今の時期の8月であれば試験内容も比較的に簡単です。ただし、過去問題集が書店で販売されているわけでもなく、不透明な点が非常に多いです。

当会独自の、都立高校転学サポートの実績から経験則でお話しますと、現在の在籍高校より偏差値を5前後落とした学校が適正です。

もちろん入学後の努力や、得意教科などによっても多少変化しますが大体5ほど偏差値を落とした高校ではないと受かりづらいです。

理由として考えられるのは、調査書です。転学の際に受け入れ側が気にしていることは勉学についてこられるかという点です。

そうした場合前籍高校の情報がかなり見られます。極端ですが、開成高校から都立高校転学の場合には受け入れ先も期待しますよね?

あとは、当日の出来にもよりますがおすすめとしては、都立高校転学試験に望まれる場合には偏差値5を落とした志望校探しをしてみてください!

ご不安な方はぜひ、夏期講習を受講してください!直接の対策支援をいたします!

 

 

 

不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。

6月1日から水道橋教室の開室、鹿島学園新宿エルタワーキャンパスの開校です!

不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会のyoutubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします!

-イベント・課外活動, お知らせ, フリースクール, 不登校塾, 不登校塾新宿エルタワー校, 新宿山吹高校, 通信制高校, 進路未定, 進路相談, 都立補欠募集転学試験

© 2021 理事長ブログ / スタッフ・生徒ブログ