不登校塾30年以上!フリースクール・通信制サポート校 東京都新宿エルタワー・水道橋

NPO法人 高卒支援会

お知らせ スタッフブログ 竹村ブログ 進路未定 進路相談 都立チャレンジスクール

学習障害 受け入れ高校 東京 水道橋 連携キャンパス

更新日:

「学習障害(LD)」について、ご相談が最近多いので書こうかと思います。

みなさんこんにちは!高卒支援会(鹿島学園水道橋連携キャンパス)の竹村です。

 

学習障害(LD)とは・・・

学習障害(Learning Disability:LD)とは、全般的な知的発達に遅れがないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力に困難が生じる発達障害のことです。LDのタイプは読字障害(ディスレクシア)、書字障害(ディスグラフィア)、算数障害(ディスカリキュリア)に分かれています。
人によって症状の表れ方が異なったり、意識しないと気づかれにくいことも多く診断が難しい障害でもあります。学習障害は、何らかの脳機能の障害が想定されていますが、脳の部位や原因は特定されていません。

参考元:リタリコジュニア様

とのことです。

学習障害でよくあるご相談だと、黒板の板書が追い付かないや、読むスピードが遅くて授業についていけないなどが挙げられます。

これについては、個々に合わせた対策が必要になります。

例えば、俳優として世界的に有名なトムクルーズさんは、ディスレクシアと言われていて、台本を読む際にはマネージャーに読み上げてもらってセリフを記憶していると聞いたことがあります。

 

 

学習障害 受け入れ高校

学習障害について考えると、個々にあったペースで勉強ができる居場所が必要だということがわかりますね。

都内であれば、チャレンジスクール、エンカレッジスクールといった定時制高校が候補にあがります。

しかしこちらの定時制高校は、4年で卒業する子も半数ほどおります。3年で卒業するには、目標をもって生活していくことが大切ですね。

全国的には、通信制高校が候補となります。レポートと呼ばれる通信制高校の課題は期限が決まっていますが、進め方や速度は個人の自由なので好きなように計画を立てることができます。

 

 

当会の生徒では、1か月で終わらせる子もいれば半年かけて終わらせる子もいます。時間の使い方は自由ということですね。

また取り組みとしては、板書はノートに拘らず、タブレットやPCを使ってもよいことにしています。調べるものがある場合、スマートフォンなどを使用してもらっています。

板書は、写真を撮ってゆっくり書き写す子もいます。

そんなことで大学や専門学校、就職したときに大丈夫なの?!と思われる方もいるかもしれませんが、それは前回の記事をぜひご参照ください!

高校卒業後についてのブログ

 

 

[文末(水道橋用)]

Facebook Comments

-お知らせ, スタッフブログ, 竹村ブログ, 進路未定, 進路相談, 都立チャレンジスクール

Copyright© NPO法人 高卒支援会 , 2020 All Rights Reserved.