不登校塾30年以上!通信制サポート校・フリースクール 東京都新宿エルタワー・水道橋

NPO法人 高卒支援会

お知らせ スタッフブログ ブログ 学生・保護者の声 生徒の日記

専門学生インターンブログ~LGBTについて~

更新日:

こんにちは!専門学生インターンの氷見です!

今回はLGBTについてお話します。

これからお話しすることは私の意見なので一つの考えとして受け入れてくださると幸いです。

それでは本題に入ります。私はLGBTのL(レズビアン)に属します。

自分はLGBTを世間に受け入れてほしいとかは思っていなくて、自分が過ごしやすければそれでいいと思っています。

私がLGBTだから受け入れて!みんな、私を知って!差別するなんて間違っている!みたいな主張したいことも特に無く、自分という人間が過ごしやすければそれでいいと思っています。何かに立ち向かう勇者精神などなく、村でのんびり過ごしていたいどうぶつの森タイプが良いんです。(とは言いつつも周りの数人にはカミングアウトしています。高校の友達やこのインターン先の皆さんなどそのくらいの方々にしか言えていませんがLGBTであるということを伝えています。)

今は自分が望むどうぶつの森スタイルに近く、カミングアウトしている友達としていない友達がいますがどちらの友達とも仲良く楽しく過ごせています。カミングアウトしていない友達には「好きな男性のタイプ」など異性について聞かれるときはすごく困りますが、好きな俳優さんはいるのでその俳優さんのことを話したりしてその場を乗り切ることが多いです。男性に対しては恋愛感情を抱けないだけでこの俳優さんが好きというのはあります。(どう違うんだーという感じですが、LIKEかLOVEかの違いです。男性にはLIKEしか抱けず女性にはLIKEとLOVEの感情があるという感じです。)

カミングアウトしていない人と話しているときは自分がLGBTであることを言わないように気を付けることが多いですが、それ以外はみなさんと同じように友達と話したり遊んだりします。

よく「女だったら誰でも好きなんでしょ?」みたいなことを言われたなどそのような記事を見たことがありますが、誰でも好きなわけはありません。そのように言う人には「あなたは男性であればだれでも好きなの?」と聞きたくなります。恋愛感情を抱く対象が女性だからって誰でも好きなわけではありません。友達として大好きな子もたくさんいます。なのでレズビアンという子がいても「私のこと好きなのかも」とは思わず「友達として仲良くしよう!」と思ってくださる方が私たちとしてもすごく嬉しいし関わりやすいです。

と、私というLGBTについての話です。そんなに難しいことではありません。こういう人もいるんだな~という風に捉えてもらえると嬉しいです!

 

 

Facebook Comments

-お知らせ, スタッフブログ, ブログ, 学生・保護者の声, 生徒の日記

Copyright© NPO法人 高卒支援会 , 2019 All Rights Reserved.