高卒支援会コラム

令和3年度第三学期都立高等学校転学・編入学募集

杉浦孝宣は一般社団法人 不登校引きこもり予防協会としても活動しております。
杉浦への講演依頼・不登校相談も承っております。


不登校・高校中退・ひきこもり指導歴30年以上
3重版【不登校・ひきこもりの9割は治せる】10000人を立ち直らせた3つのステップ
続編 11/17日 発売 【不登校・ひきこもり急増〜コロナショックの支援の現場から (光文社新書)  杉浦孝宣+高卒支援会

通信制高校サポート校・フリースクール@東京都千代田区(水道橋)、新宿区(新宿エルタワー)、豊島区(池袋)、神奈川県 横浜市(横浜)運営 当会は引きこもり支援がウリのフリースクール・通信制高校サポート校です。4年間41件の引きこもり支援 成功率約90%

高卒支援会
PTAだより 9月 https://note.com/kousotsupta/n/n9f17a5e28c64
朝日新聞 GAME クロス 記事掲載

不登校・高校中退・引きこもりでお悩みの方、世田谷区要保護児童支援協議会、渋谷区フォロースタッフ~子どもの心サポート事業登録

令和3年度第三学期都立高等学校転学・編入学募集

東京都都立高校は毎学期ごとに、転学・編入学試験が行われている。何らかの理由で学校を移りたいという人は一定数居るのです。
高卒支援会は、転学試験の対策を行ってきました。

先ず、受ける時の注意点として、
私立在籍であれば、受けるといった時から、自主退学を書かされるところがあります。受けるからには絶対に受からないと行き場を失います。
在籍校の単位数や教科など、単位の互換性を考えて、志望校を決めなくてはなりません。

加えて、
転学・編入学試験の過去問は書店は売っていません。試験を受けた人しかもらえないのです。幸い、当会は受験をする子がいるので、データベースに蓄積があります。
全て、網羅しているわけではありませんが、上から下まで、ある程度の過去問はありますので、対策が可能です。

更に、面接も筆記と同程度の学校が多く、試験は出来たんだけど、不合格になったという事例はあります。

転学・編入学試験は 単位の互換性。 過去問、面接と3つのポイント対策をすれば、合格する可能性は高いでしょう。 

合格率は極めて、低い

都立高等学校転学・編入学募集は数千人規模の募集がありますが、受験者は100人単位、合格者は数十人単位です。

何故でしょう?

一言、知られていないのです。
特に私立校の先生は。かわいい生徒を出すということを考えている人は少ないでしょう。

単位の互換性。高校は中学とは違い、学校毎により、取得教科、単位数も異なります。 都立校の単位に必ずしもあっているわけではないのです。単位の互換性があわない、私学の場合、辞める覚悟がないと、受けられないのです。つまり、断念する人もいることでしょう。

これで、いかに、受験者が少なくなるかがお解り頂けたでしょう。

合格者が出ないのはやはり、過去問、面接対策。 対策本などが一般的ではないということです。

転学・編入学試験で何か、わからない事があったら、是非、高卒支援会にお気軽にお問い合わせください

東京都立高等学校転学・編入学募集の詳細を書かせて頂きました。 

Facebook Notice for EU! You need to login to view and post FB Comments!

-高卒支援会コラム

© 2021 会長コラム