未分類 高卒支援会コラム

不登校・高校中退・引きこもり相談集計 12月度 中学生の引きこもり問題解決

不登校・高校中退・引きこもりの救済を目指す、保護者の皆さん
NPO法人高卒支援会 会長の杉浦です。緊急事態宣言、出ますね。昨年、4月のように、オンライン学習、ジョギング等
準備万端にします。一緒にニューノーマルに順応していきましょう。

不登校・高校中退・引きこもり相談集計 12月度

10月 11月 12月
相談件数 21 14 19
総合入会件数 3 1 4
総合面談件数 12 4 4
新書からの相談 1 1 3
内容 フリースクール 不登校 短期不登校
不登校 留年 高校選び
生活改善 資料請求 引きこもり
引きこもり連れ出し成功人数 0 0 0
主な地域
東京 13 10 12
神奈川 1 1 1
埼玉 3 0 1
千葉 0 1 4
その他地域 4 2 1
不明 0 0 0
合計 21 14 19

 

既卒引きこもり


コロナの影響で、20歳前後の相談が多くなってきました。親御さんも遠慮しながら、


「こちらは既卒の子はダメですか?」


「高校卒業はしましたが、予備校に行かず、部屋に籠もっています。どうしたらよいでしょうか?」等々

聞けば、
不登校・引きこもり傾向でしたが、運良く、卒業とのこと。相談者の中には 
「もっと、早い段階でこちら(高卒支援会)にお願いすれば良かった」と。

既卒の引きこもり克服は当会にとって、難易度が高く、失敗する例もあります。 何故でしょう?

そもそも、引きこもりは年齢が若いほど、期間が短いほど、解決、克服は楽なのです。 中高生の引きこもりは当会にとってはお手のものです。

「ゲームを一緒にやろう」

「高校は卒業しようね」

等で、同世代の元引きこもり学生インターンが友人関係となれるので、簡単なのです。

ところが、既卒だと、高卒を目指しましょうと言っても、既に既卒。では、大学を目指そうといっても、心が折れて、「大学は行きたくない、アルバイトも仕事もしたくない、何もしないで、一生、この家に居たい」とニート宣言をするのです。

楽な生活を年単位で過ごすとこうした、考え方になってしまうのです。

当会では高卒の引きこもりは基本、受けない事にしています。 ご両親が他に選択肢が無く、協力体制をとれる、ケースは別ですが。





引き出しや被害 900万也


業者に託したひきこもりの息子 やせ細り、一人息絶えた〜 朝日新聞抜粋 https://www.asahi.com/articles/ASP133R7TNDXUUPI007.html
"
「自立のプロにお任せください」「就職後も毎日報告を受け、面談を繰り返し(中略)フォローを続けます」――。頼もしい文句が並ぶパンフレット。赴いた説明会で、半年間の「研修費用」が910万円と聞いて驚いたが、「長期化、高齢化するほど解決が難しくなる」と担当者に迫られ、契約した。夫と建てた自宅を売却することにし、親類からも借金をしてまかなった。"


結局、この自立団体、自己破産です。



当会と引き出しやはどこが違うのでしょう。

当会は中高生に特化して、引きこもり支援をしております。同世代の元引きこもり学生インターンがピアサポートさせて頂いております。
引きこもりはご家庭の問題ですから、ご両親揃って、面談に応じ、当会のやり方を理解しなければ、お断りしています。
つまり、条件が揃って、成功する可能性があるものしか、支援はしません。

当会の考え方、やり方は 拙著で書かせて頂きました。参考にして下さい 

-未分類, 高卒支援会コラム

© 2021 会長コラム