高卒支援会コラム

フリースクール東京 居場所派 VS 学習支援派

フリースクール 不登校(国立、都立、私立、小中高一貫校)・高校中退・引きこもり小中高生のフリースクールを東京都でお探しの方
NPO法人高卒支援会 会長の杉浦孝宣です。フリースクールを東京都、新宿エルタワー 水道橋、池袋 神奈川県 横浜市で運営しています。
10/30日は 18;00 フリースクール・通信制高校サポート校の保護者会です。出席お待ちしています

フリースクールとは

フリースクール”ウィキペディア抜粋

”不登校児の受け皿として、その学習権の保障や安心してすごせる居場所を提供する施設、さらに、通信制高校での学習をサポートするサポート校など、不登校の子供を対象とした、既存の学校とは異なる機関や施設が、フリースクールと総称されている。こうしたフリースクールの規模や活動内容はきわめて多様であって、マンションや事務所ビルの一室を借り、スタッフや子供を合わせても10人に満たないようなものから、在籍数が100人を超える大規模なものまであり、教育レベルに大きく差があるのが現状である。”

つまり、フリースクールとは無認可の学校であり、規模も教育内容も千差万別なのです。

当会のフリースクール在籍者9名 引きこもり中学生相談支援約 50名 教室 4カ所 スタッフ 常勤3名 学生インターン30名 です。
現状の通学者は少ないですが、ご家庭に引きこもっている子に対して、オンラインで支援をしており、ご本人が自主的に教室に通学できる様に促しています。

フリースクール 引きこもり相談受付中

フリースクール 居場所派 VS 学習支援派

運営母体によって、大きく違いがあります。 不登校支援、通信制高校サポート校、放課後デイサービス、学習塾など

居場所派 VS 学習支援派(学び直し)

居場所派は不登校支援、放課後デイサービス等。 不登校の子が居場所として、安心できるように 漫画本、ボードゲーム、卓球台、テレビなどがあり、自由に過ごせるようです。

学習支援派は通信制高校サポート校、学習塾が多く、高校生になって、自主的にレポートがこなせるように、小中学校の基礎学力を養成しています。学習塾は高校受験の対応ももちろん、しております。

当会は”子ども達が規則正しい生活をし自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します”という、教育理念を基にフリースクール・通信制高校サポート校を運営しています。元は学習塾でしたので、高校受験、都立転学試験は得意とするところです。

規則正しい生活を何よりも重視していますので、登校支援(モーニングコール、お迎え支援、生活改善合宿)を行い、出席率80%以上 2019年10月から となっています。

キチンと、通学できる様になって、小中学校の学び直しを一週間のカリキュラムを組んで、やっております。

フリースクール カリキュラム

授業は英語、数学、世界史、オプションでプログラミングです。更に、当会、フリースクールのイベント活動は原則、強制参加となっております。

中1からの基礎がないので、英語はチョット、手こずっています。単語を覚えるのが嫌だという子が多いです。

数学は中学受験の基礎があるので、一部生徒を除いて、中学レベルの学び直しは順調です。

世界史は担当講師 菅原のキャラがよくて、結構、面白そうに進めています。

オプションのプログラミングは結構、人気です。 将来、プログラマーになりたいという子もチラホラ出てきました。

理事長からは最近、中学生が高校生と同様に、インターンを希望している子が居ると聞いています。 具体的にはYoutube をアップする際の動画編集の手伝いをしたいようです。

 

-高卒支援会コラム

© 2020 会長コラム