通信制サポート校・フリースクール運営 相談機関

NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営

不登校 高校中退

精神薬の薬害

更新日:

不登校、高校中退の救済を目指すサポーターの皆様
お早うございます。東京は雪交じりの雨。天候の波乱が春ですよね。

 

昨日、牛久東洋医学クリニック院長 内海医師による表題の講演会を聞いて参りました。26年前から、この仕事をやっていて、不登校、発達障害ってなると、心療内科に行って、薬をもらってくる生徒が少なくありませんでした。薬をもらって、症状がよくなると言うより、むしろ、ドンドンひどくなる、薬の量が増える、依存体質が強くなるといった事を生徒を通じて、経験し、精神科医や向精神薬はホントに効くものなのだろうかとズッと疑念を持っておりました。
内海先生の講演はこの疑念をすべて解消するものでした。

  • 何ら確定的なエビデンスが無いのに精神や心の領域で医療行為はあり得ない 精神科医そのものを否定
  • 精神薬は麻薬に近い成分=依存性が強いのは当たり前。 脳の萎縮が起こっている。投薬後、暴力的になるケースが。
  • 精神科の治療実績は? 入院患者32万人以上(日本国内)身体拘束 一日 5000人 一月に死亡する患者(自殺を含まず)1515名

このデータを見ても、まだ、薬を投薬し続けますか? 不登校、発達障害などで悩んでいる方が精神科医に行く、薬をもらう、その状態からますます、抜け出せなくなる実態があると思いませんか?

Facebook Comments
共有する

-不登校, 高校中退
-, , , ,

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営 , 2020 All Rights Reserved.