通信制サポート校・フリースクール運営 相談機関

NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営

チャレンジスクール 高校転校

私の履歴書 Los Angeles vol2 編

更新日:

アメリカに最初にきて初めて友人と言える人間はゲイだった。一寸ショックです。

こうなったら何かに専念しよう。
体育で選択を取っていたのがサーフィン。 毎週 火曜日の朝 5時半 Hermosa beach集合

担当教官のMr.Kelseyはすごかった。サーフボードにはどんな波でも、正座をして、バランスを崩さず、素早く乗れた。

そこへ行くと私はボードにまたがり、10回のうち、二回くらいしか乗れない、へっぽこサーファーだった.

聞けば、この教師はここの海の地元で育ち、ほぼ毎日、サーフィンをやっていたそうだ。 どうりで。

「Taka must practice swimming」ということになり、ほぼ毎日、プールで5キロから10キロ泳ぐ羽目になってしまった。


ある日のこと、桟橋を越えるほどの高さの波が出ていて、

心の中で「こりゃ、いくら何でも、無理だろ」と思い。帰ろうとしたら 先生から 「How comeなぜ帰るんだい、授業で高さ制限はないんだけど」

私も渋々「Ok Mr.」といってびびりながら海へ、向かっていって、やはり怖いが 何とか沖まで来れた。

やばい高さの波が来て、逃げようと思いきや、乗れてしまったが、体がこちんこちんで敢えなく沈。

海の中に、洋服が強力な洗濯機のなかで洗われている様にグルグルに、アッ、もう駄目だなぁと、

諦めたら、Mr.Kelseyが助けてくれた。 ありがとうございます。何度も岸で食ったものを吐いて、

ボウッと授業を見学していた。 Mr.Kelseyはうまいし、格好良かった。

体育は一般教養だったので一年で終わり、サーフィン、水泳生活も卒業しました。

。。。。。。。中 略。。。。。。。。。。。。。

不登校を救うNPO高卒支援会による無料教育相談 03-6806-8366

Facebook Comments
共有する

-チャレンジスクール, 高校転校
-, ,

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営 , 2020 All Rights Reserved.