通信制サポート校・フリースクール運営 相談機関

NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営

ブログ

不都合な真実 高校進学

投稿日:

複数の進路担当の先生と話して、


「金がないから、最低の都立高校でもいいって言う保護者、多いんだよね。」


「そんな低い高校に行かせたって、どうせ、すぐ辞めるのわかっているんだけどね。」


「都立一本で考えていて、滑り止めをまるっきり考えてない親が。。。。。。。」


この間、あるテレビで、「日本は、格差社会になった。」


「貧困層の親からの子供は、世襲するかのように貧困になる。 確率が高い。」


こんな馬鹿な話があっていいものだろうか?


22年間、勉強を教えてきて、初めから勉強できる奴はいない、


成績がいい奴は、ただ、スタートの出だしと習慣が身についているだけだ。


裕福な家の生徒は、経済的に環境が整えられる。 


だから、高校も大学も進学できるっていう訳だ。


”どうせ辞めるな”と思う高校に進学させなければならない、進路担当の先生。


経済的に不安を感じる 保護者。


最低の都立=中退率の多い高校。


教育の世界は、平等であって欲しい。

Facebook Comments
共有する

-ブログ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© NPO法人高卒支援会 不登校,引きこもり支援フリースクール・通信制サポート運営 , 2020 All Rights Reserved.